コラム


「わたしたち」の危機、そして責任

 あなたにとって大切なものは何でしょうか。生命、身体、健康、経済、名誉。守るべきものが増えれば、それに対する危機も増します。 自然災害、戦争、テロから仕事やプライベートでの失敗などのさまざまな危機やリスクにどのように向き合ったらいいのでしょうか。

 危機をもたない人、感じない人もいるのでしょう。「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。 此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして國家の大業は成し得られぬなり。」(西郷南洲遺訓)。しかし、このようになりたくても、簡単になれるものではありません。

 天災や人災は繰り返されています。危機やリスクが発生したとき、事実関係や原因が明らかにされ、責任を負担すべき者によって、 適切な被害救済と再発防止策がとられるべきです。しかし、責任逃れや泣き寝入りなど十分な被害救済がなされていない場合もすくなくありません。 被害者による責任追及に助力することは、弁護士のたいせつな役割です。
 ただ、人間はあやまちをおかす生きものです。たとえば仕事やプライベートでの失敗や窮地はだれにでも訪れます。 人が過ちうるという可謬性にもかかわらず、無謬性を装うことは、あやまち自体を蔽い隠してしまうおそれもあります。 人間に起因するような危機は、誰の身にも降りかかるいわば互換性のあるものもあります。失敗にまなぶという姿勢もときに必要です。
 ベトナム戦争帰還兵で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症しなかった人たちには、 @人付き合いがよい高い社交性をもつ、Aよく考えて積極的な対処戦略をとる、B自分の運命を自分で切り拓く能力があると強く感じる といった特性があるそうです。重大な危機に直面したとき、孤立無援になるのではなく、そばにいてくれる人がいること。意志の力を信じること。 なにか拠り所となるものをもっていること。これらのことがたいせつなようです。
 そのためには、わたしたちひとりひとりが、「あなたの危機が、わたしたちの危機になるかもしれない」、「彼方の問題も遠く 隔たったものではない」といったような感覚や想像力をもちあわせていなければならないのかもしれません。

 あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。
 あなたにとって「わたしたち」というのは、誰ですか。
 世界という言葉で、まず思い描く風景はどんな風景ですか。

 どれも詩人長田弘の「最初の質問」という詩のなかでのうつくしくきびしい問いかけです。
 これらの問いから逃げずに自問自答しながら生きていくことが、危機に隣合せの人生に対する責任(responsibility)であるとおもっています。

(2013年9月28日)


〈参考文献〉
・『実践リスクマネジメント』
  インターリスク総研編著 経済法令研究会
・『西郷南洲遺訓』山田済斎編 岩波文庫
・『責任の意味と制度 負担から応答へ』瀧川裕英著 勁草書房
・『無責任の構造』岡村浩一著 PHP新書
・『失敗学のすすめ』畑村洋太郎著 講談社
・『暴力の人間学的考察』小林直樹著 岩波書店
・『心的外傷と回復』
  ジュディス・L・ハーマン著 中井久夫訳 みすず書房
・『夜と霧ードイツ強制収容所の体験記録』
  V・E・フランクル著 霜山徳爾訳 みすず書房
・『長田弘詩集』角川春樹事務所

arrow