ごあいさつ

まっとうな人がむくわれる世であってほしい。
素朴な正義感を大切にしながら、 独立不羈の立場で社会に貢献をし、理念・理論と現実・実践の両面で力を尽くしたいとの思いから、弁護士の仕事を志しました。

人生や事業経営で、様々なトラブルに巻き込まれたり、困難な局面に直面することは誰しも 避けたいものです。
理不尽な主張や不正義な要求に、独りで立ち向かう負担。
解決までの道筋がみえない不安。
今までの生活や経営が一瞬にして揺らぐ危機感。
誠実に生活をしている人や堅実に事業を営む人のお力になります。

法は厳しさとともに温かさをもっています。不正義には厳しく対峙するとともに、権利がないがしろにされている人の支えになります。
法律家も同じです。
指摘しなければいけないことを的確に助言するとともに、ご依頼者のお気持ちをできるかぎり掬い取って問題解決につなげたいと考えています。

ひとはそれぞれ、かけがえのない、あやまちやすい存在です。そこで、人間の尊厳性や可謬性に対するやわらかな「まなざし」を大切にしたいと考えています。
また、紛争を解決するためには、問題を解きほぐす柔軟で有効な「技」も必要です。法律家にとって必要な素養は何かを日々の実践のなかで自省しながら、研鑽と向上につとめています。

社会・経済は、高度化・複雑化し、人々の価値観や行動様式も多様化し、錯綜としています。 権力や暴力に拠らない粘り強い解決が求められています。

ご依頼者のニーズに爽やかに耳を傾け、「適正で凛とした迅速な解決」の実現を目指し、人・家族・企業・社会・人類の未来のために貢献したいと考えています。

お知らせ

2019/11/27   令和2年3月26日
2019年度後期りぶら講座「ニュースにみる法律よもやま話3」を開講します。
2019/11/18 一般社団法人愛知県社会福祉士会主催「愛知県高齢者虐待防止対応人材養成研修(於:蒲郡市)」の講師を務めました。
2019/11/07 令和元年11月7日発行
「ケース別 債権法 新・旧規定適用判断のポイント(新日本法規)」が刊行されました。 都築も共著者です。
2019/09 令和元年9月発行
「農林水産関係知財の法律相談T・U(青林書院)」が刊行されました。 都築も共著者です。
2019/09/20 第34回 岡崎まちゼミ「ちょっと法律のお話〜生活と法〜」を開講しました。
2019/09/11 第34回 岡崎まちゼミ「ちょっと法律のお話〜生活と法〜」を開講しました。
2019/03/29 平成30年度後期 りぶら講座「ニュースにみる法律よもやま話2」を開講しました。
2019/02/13 愛知県経営者協会研修「職場で必要な労働法基礎知識」の講師を務めました。
2019/02/06 一般社団法人愛知県社会福祉士会主催「愛知県高齢者虐待防止対応人材養成研修(於:刈谷市)」の講師を務めました。
2018/10/17 岡崎市介護サービス事業者連絡協議会研修「訪問看護におけるリスクマネージメント」の講師を務めました。
2018/9/07 第32回 岡崎まちゼミ「ちょっと法律のお話〜生活と法〜」を開講しました。
2018/8/28 第32回 岡崎まちゼミ「ちょっと法律のお話〜生活と法〜」を開講しました。
2018/8/24 名古屋市教育センター研修「学校の危機管理と対応」の講師を務めました。
2018/03/01 平成30年 3月1日発行
「新民法対応 契約審査手続マニュアル(新日本法規)」が刊行されました。 都築も共著者です。
2018/02/16 平成29年度後期りぶら講座「相続のキホン」を開講しました。
2018/01/01 平成30年 1月1日発行
「自由と正義」2018年1月号に拙稿「民事調停官雑感」が掲載されました。
2017/12/12 一般社団法人愛知県社会福祉士会主催「愛知県高齢者虐待防止対応人材養成研修(於:豊橋市)」の講師を務めました。
2017/9/22 第30回 岡崎まちゼミ「相続・遺言のキホン」を開講しました。
2017/8/31 平成29年度中期りぶら講座「ニュースにみる法律よもやま話」を開講しました。
2017/6/29 平成29年度前期りぶら講座「シニアの安心〜相続・遺言」を開講しました。
2017/3/13 第29回 岡崎まちゼミ「シニアの安心〜相続・遺言・事業承継・後見」(2回目) を開講しました。
arrow